「SIMロック解除とは」のわかりやすい(?)説明

「SIMカード」とは

まず「SIMカード」とはどういうものかというと、携帯電話購入時にキャリア各社の取扱窓口で受け取る小さなICチップカードのことです。SIM、microSIM、nanoSIM とサイズに種類があります。
これを携帯電話機本体に挿入して使います。
この「SIMカード」(ICチップ)には携帯電話番号などの個人の契約情報が記録されています。
今の携帯電話本体はタダのハード機器で、電話番号などの個人情報は入っていません。
このSIMカードを携帯電話の本体に挿入することで、個人の情報が認識されて使うことができるようになります。

SIMカード_3

「白ロム」とは

良く「白ロム」などと表現されている携帯電話機をご存じでしょうか?
「SIMカード」が入っていない一般的に中古の携帯電話機を指します。

あなたご自身が経験される例として、携帯電話を買い換えた時に前の携帯電話機から「SIMカード」を抜き取り、新しい携帯電話機に差し替える時です。
この「SIMカード」を抜き取った携帯電話機(つまり中古)を「白ロム」と呼んでいます。

携帯電話機の使い回し

「SIMカード」を携帯電話機の本体に入れると使えるようになると書きましたが、単純に「白ロム」(別の携帯電話機)を用意して、「SIMカード」を差し替えると使えるようになるということです。
例えば、DOCOMOのスマートフォン同士であれば、どのスマホ本体にSIMカードを挿し換えても使うことができると言うことです。
但し、この使い回しには条件があります(後述)

現在の使い回し条件

携帯電話機を取り替えて使おうとした場合、そのまま「SIMカード」を差し替えて使える機種と、窓口で手続きが必要となる機種があります。

  • docomoの場合、ガラケーからガラケー、FOMAからFOMA、XiからXiは動作しますが、これ以外の組み合わせは手続きが必要です。
  • auの場合、「ICロック」のクリアが必要なので、必ず窓口での手続きが必要です。
  • SoftBankの場合、ガラケーからガラケー、3Gから3G、4Gから4Gは動作しますが、これ以外の組み合わせとiPhone関連は手続きが必要です。

※他社間(違うキャリア間)での使い回しはできません ← ここが重要で、「SIMロック」という状態です。

【注意事項】として、SIMカードのサイズに種類があります。同じサイズのSIMカードが入る携帯電話同士でなければだめです。最近はnanoSIM用の携帯電話機が多いので、ちょっと前の携帯電話機に多かったSIMやmicroSIMが使えない機種があります。

SIMカード_2

「SIMロック」とは

簡単に言うと、大手キャリアでは、同じキャリアの「携帯電話機+SIMカード」をセットでしか使えないということです。
せっかく良い携帯電話機を作っても他のキャリア会社の回線でその携帯電話を使われたら自社の回線の売り上げにならなくなってしまいます。
(例えば、docomoの携帯電話機でSoftBankの「SIMカード」を使うとか)
それがお互いイヤなので、大手キャリアは自社の携帯電話機では自社の回線しか使えないように携帯電話機にロック機能をつけました。これを「SIMロック」と言います。

「SIMロック解除」とは

今後発売する機種の中で、「SIMロック」をしない機種を用意するということになりました。
この「SIMロック」が解除されている携帯電話機があれば、どこのキャリアでも使える携帯電話機になります。
但し、購入時に自社の回線とセットでない場合、当然電話機本体の価格は高くなると思います。

※現時点でも「SIMロック」を解除できる機種がいくつかありますので、「SIMロック解除」をして使いたい場合には窓口で確認してください。

「SIMロック解除」した携帯電話機が必要となる場合

  1. 今のキャリア回線はそのまま利用するが、他社の携帯電話機を使いたいとき
  2. MVNO(仮想移動体通信事業者:格安スマホ回線を扱う業者)の回線を使って利用料金を安くしたいが、スマホ本体は好きな機種を選びたいとき

国が「SIMロック解除」に関与するのは、2を想定して自由な料金競争をさせたいのが目的のようです。

※ドコモ系MVNOの場合、現在使っているスマホ機種によって、「SIMロック解除」をしなくてもそのまま使える機種が多いようです。 (2012年くらい以降の発売機種)
料金が安くなるかチェックしてみるのも良いかも知れません。

こんなページがありました
ドコモ系MVNO

メモ

通常の加入(DOCOMOとかSoftBank、au)の場合、
MNO(各キャリア) → わたし達ユーザー

※MNOとは、( Mobile Network Operator : モバイルネットワークオペレータ )の略で、キャリアと呼ばれるドコモ、ソフトバンク、auを指します。

少し安くなると言われているMVNOの場合、
MNO(各キャリア) → MVNO(OCNやiijmioなど) → わたし達ユーザー

※MVNOは、MNOから回線網を借りて、自社ブランドでモバイル通信サービスを提供している事業者