書き損じはがき・切手は郵便局で交換

切手・年賀状・書き損じはがきなどは郵便局で交換

対象はどんなもの?

  • 間違って貼っちゃった切手
  • 未使用の通常切手(普通切手)
  • 未使用の特殊切手(通常切手以外の切手)
  • 書き間違いの「郵便はがき」「往復はがき」
  • 未使用の「郵便はがき」「往復はがき」
  • 余った年賀状、かもめ~る
  • 郵便書簡、航空書簡
  • レターパックプラス、レターパックライト
  • エクスパック( EXPACK500 )

(注意)エクスパックの交換期限は、2019年3月31日までです。それ以降は交換不可となります。

貼った切手は、剥がさなくても良い。少し大きめに台紙ごと切り取る(切手が切れたらアウト)

 

なにと交換できる?

  • 通常切手
  • くじ引番号付き郵便はがき(年賀状、かもめ~る)
  • その他の郵便はがき(往復はがきも含む)
  • 郵便書簡、航空書簡
  • 特殊封筒(レターパック類)

以下のような交換はできません。

  • 現金への交換はできません
  • 特殊切手(記念切手やグリーティング切手など)への交換はできません
  • くじ引番号付き郵便はがきと交換する場合、同じ販売期間のもの以外とは交換はできません
    (販売終了後はその他の通常切手や郵便はがき等との交換になります)

くわしい交換表は、下のリンク先を参照ねがいます。

日本郵便の「書き損じはがき・切手の交換」ページ

日本郵便の「主な手数料」ページ

 

郵便局へ渡すものと交換手数料

郵便切手・通常はがき 1枚につき  5円
往復はがき 1枚につき 10円
郵便書簡・航空書簡 1枚につき 10円
特定封筒(レターパック) 1枚につき 41円
10円未満の郵便切手や郵便はがき 合計額の半額

ちょっと変則的な交換

  • 「くじ番号付きはがき」同士の交換は、同じ「くじ番号付きはがき」の販売期間内のみ交換可能です。
    販売期間が過ぎると「通常はがき」と同じ扱いになります。 交換手数料 : 1枚につき 5円
  • エクスパック(EXPACK500)は、500円分の「通常切手」か「その他の郵便はがき」へのみ交換可能です。
    手数料は掛かりません。
    (注意)エクスパックの交換期限は、2019年3月31日までです。それ以降は交換不可となります。

 

交換の時に重要なこと

郵便局の窓口で、ただ「交換してください」と言えば、手数料分は「現金」支払いとなってしまいます。
もし、持って行った「切手」や「はがき」の額面から手数料を引いて欲しい場合には、事前に「手数料は額面から引いてください」と申し出る必要があります。

私の場合、あらかじめ計算して、何をいくつと交換すると紙に書いて手渡しています。

交換の例 その1

来年の年賀状の書き損じが20枚あるので、同じ年賀状と交換してもらう
(条件)来年の年賀状の販売期間中のみ

同じ枚数なので、手数料は現金で支払う。

→ 手数料の100円を現金で支払い、新しい年賀状20枚を受け取る

交換の例 その2

未使用の郵便はがき、何年か前の年賀状(書き損じを含めて)が20枚あるので、通常の82円切手に交換してもらう

①手数料と端数は現金で支払う

はがき類の額面金額 1,040円( 52円 × 20枚 ) ÷ 82円 = 12枚 と 余り 56円分
現金 26円 と 余り 56円分を足して 82円 にして、もう1枚分にする

交換時手数料は、はがき20枚分で 100円( 5円 × 20枚 )
追加金額は、26円

→ 現金126円(手数料 100円+追加 26円)を支払い、82円切手を 13枚 受け取る

②手数料は額面から差し引いてもらう
(上手に割り切って通常切手に交換してもらう)

はがき類の金額 : 52円 × 20枚 = 1,040円
交換時手数料  : @5円 × 20枚 =  100円(額面から引いて貰う)

交換可能な金額 : 1,040円 - 100円 = 940円分を利用した交換例です。

パターン1: 82円切手 × 12枚 984円( 44円不足)
不足額は現金支払い 44円
パターン2: 82円切手 × 10枚 820円
52円切手 ×  2枚 104円
 2円切手 ×  8枚  16円
現金支払い  0円
パターン3: レターパックプラス 510円 1枚 510円
郵便はがき 2枚 104円
82円切手 4枚 328円
——————————————- ————- ————-
942円
不足額は現金支払い   2円

手数料を差し引いてもらうと、ちょっと頭を使って計算する必要がありますが、現金での支払いを抑えられます。